むしとり日記2

虫と遊んだ日記です。新たに”2”スタートしました。
by shimabito2
検索
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧


4月30日クロツな日々

4月30日 クロツの環境を見る旅です。

早起きして、またまた港に向かいます。
e0067523_210333.jpg
島に到着して、さてどの辺だろうかと歩きますが、風がびゅーびゅー、吹き飛ばされそうです。そして、何も飛んでいません。タイトゴメがそこそこ生えている場所を見つけましたが、結局姿なし。早々に諦めて、次に移動するために船中の人に。秋の数が増したときに再チャレンジします。
e0067523_2194938.jpg


次に、ここの少ないと言われている場所を見てみます。やっぱり居ませんでした。
e0067523_21111488.jpg

また移動です。某観光地に行って、海岸線に行こうと歩くと、ミヤコグサが生える原っぱがありました。
e0067523_21125483.jpg
シルビア君の吸蜜場面が撮れました。
e0067523_21235136.jpg
ホスト植物と親の組み合わせは嬉しい。海岸線はやっぱり強風です。風を避けたクロツがおりました。
e0067523_211538.jpg

また、移動です。ここは数が多いと聞きますが、きたない海岸線です。漂着ごみがすごい。
e0067523_21161097.jpg
きれいな環境のほうが住みやすい気がするのですが、何で?とクロツに聞いてみたい。
e0067523_21173531.jpg
また移動で、ナガサキマンネン(?、多分)をチェック。おりません。
e0067523_21251441.jpg

次に移動で、また環境のチェック。時間が遅すぎたみたいで姿なしでした。すべて餌はありましたので、おいおい再確認に行きたいと思います。
[PR]

by shimabito2 | 2006-04-30 20:48

4月29日

日付が変わって、29日です。テレビの天気予報で今年のGWは天気が良いと言っておりました。とても嬉しい、予報です。地元のテレビですので、全国的な事は不明ですが、私の住む九州近郊は少なくとも4日までは晴れマークが表示されていました。
28日は、遠賀川水系のシルビアが見られたので、再度福岡県○島に渡ることにしました。+αもろもろを計画しています。こんどこそ、まともなシルビアが見れたら良いと思います。

○島では結局シルビアは見られませんでした。1日いればいたのかも知れませんが、あちこち行きたい私は10時10分の船で帰り、佐賀県の島に行ってきました。ここは、橋がかかっています。名前は書かなくてもばれるんですが、そこはそこあえて島の名前は出しません。

目的はクロツとシルビアです。こんな感じで撮れました。すべてトリミングしていますが、それでも小さい。
e0067523_031812.jpg
e0067523_033443.jpg
e0067523_035692.jpg

[PR]

by shimabito2 | 2006-04-29 00:16

いよいよ・・・

私のGWの始まりです。天気予報を見ると、前半は雨は落ちてこないようです。
仕事は最終日に頭が痛いことが発生、休み明けに繰り越しましたが、今を楽しむことにします。

4月28日 人様より一足お先にGW突入です。そのバチ?が当たったか、携帯を水の中につけて壊してしまいました。何度電話してもでてこんやんか、バカヤローと思われている方、申し訳ありません。

早起きして出発しました。まず、飼育している蝶のえさとりで山に一登り。下のほうでもブナは在るのですが、折角ですので生息地まで行ってみました。景色はこんな感じ。桜が咲いており、春まっさかり。今から始まる雰囲気は好みです。
e0067523_21352492.jpg

蝶のほうは、どのくらいの大きさかな?と見て見ると、卵は既に孵化して穴が開いています。
e0067523_21285194.jpg

芽吹き前の場合は、芽に穴が開いており、幼虫は中に潜り込んでいるのでしょう。
e0067523_2132543.jpg
開きかけた芽をほぐしてみると、1齢幼虫が潜んでおりました。
e0067523_21322259.jpg

様子がわかったので下山です。

次の目的地の大分県・山国川水系のスギタニルリシジミに移動です。先週は新鮮だったと聞いており、例年より季節の進み方がゆっくりだなと思っていました。現地に到着して何処におるんやろか?と川原を歩きます。1♂ひらひらと飛んで、岩の上に静止。よしよしと近づきましたが、撮影できずに逃げられました。九州では一番少ないと言われる大分県、これっきりになったらどないしよと思いながら、川原を下ると、少ないながらちらほら飛んでいます。なんとか岩の上に静止した個体が撮れました。鮮度はいただけませんでしたが、九州内撮影最後の大分県ですので、今年はこれで良しとしましょう。来年が本番です。
e0067523_21481945.jpg
e0067523_21483425.jpg
e0067523_21484984.jpg
こんな感じの環境でした。
e0067523_21494366.jpg

川原には春~初夏の蝶が飛んでいました。スジグロシロチョウや、ツマキチョウなどのシロチョウ。
e0067523_21533932.jpg
e0067523_2153583.jpg

サカハチチョウも出ていました。季節は確実に進んでいます。
e0067523_2155217.jpg


目的達成で次に移動です。先週雨の中で行ってみた遠賀川水系のシルビアを探してみました。
先週より、ミヤコグサを多く感じます。きっと、太陽を浴びて、黄色い花も頭を擡げたのでしょう。でも全然いません。ヒメウラナミジャノメがぴょんぴょんと飛んでいます。今年、初見です。
e0067523_22192023.jpg
ベニシジミも美しい。
e0067523_22195085.jpg
ヤマトシジミの淡いブルーじゃないシジミが飛んだので追いかけると、ヤマトシジミのメスでした。これはこれで、とっても美しいのですが、目的が違います。
e0067523_22215614.jpg
さて肝心のシルビア君ですが、かろうじて1♂みつけました。でも、気温が高い夕方、まったく愛想なしでした。ちらちら早く飛んで近づけさせません。追い掛け回して、なんとか遠くから撮りましたが、シルビアと確認できるかも怪しい。でも自分の目で見れただけで幸せです。
e0067523_22245298.jpg

[PR]

by shimabito2 | 2006-04-28 05:00

ゴールデンウィーク

今日が休み前ラストディです。連休でも出勤が多い私ですが、今回は休出は有りません。明日からいよいよGW突入、5日までお休みです。
飼育ものを抱えていることと、連休ぐらいは実家に戻って親孝行をしようと思っているので、ずーとお泊りのお出かけはしませんが、車で行ける範囲での一泊程度のミニ・お出かけを計画しています。行きたいところは沢山ですが、シルビア・クロツなどのシジミ中心で行きたいと思います。さてさて、後はお天気次第、太陽出てちょうだい!!!!
[PR]

by shimabito2 | 2006-04-27 07:43

ねこ

漁港にはネコが住み着いています。新鮮な魚を食べているのか、ちょっと太め。呼んでも人見知りのものがほとんど。物陰から、誰やお前、もんくあっか!(怒)と言う目で見ています。
e0067523_2314394.jpg


愛想のよいネコ君はこいつだけでした。
e0067523_2361174.jpg


むしとりとは関係ないけれど、”たま”には。
[PR]

by shimabito2 | 2006-04-25 23:03

シルビアシジミ@○島・福岡県③

4月23日 島で見かけたチョウ達です。
特に春先は、今まで楽しみに待っていたこともあり、何を見ても嬉しい。
ベニシジミ。止まっている草はスイバ、食草です。春先は明るい赤で美しい。この個体にはありませんが、後翅に蒼い鱗粉が出るものがあります。2重になることも有るそうで、侮れません。
e0067523_23164422.jpg

モンキチョウ。ミヤコグサに産卵していました。♀には白いものと黄色い個体がいます。
e0067523_23181245.jpg
モンシロチョウ。蝶と言えば、イメージにあがる蝶です。小学校の時に題材として取り上げられるからでしょうか?農家にとっては、アブラナ科のキャベツなどを食い荒らすので害虫です。大根の花で吸蜜、この大根もホスト植物です。
e0067523_23252657.jpg
ヒメアカタテハ、対岸にもいた蝶です。このとまっている草に産卵している感じでしたが、確認していません。何という草だろうか?
e0067523_23285338.jpg

アサギマダラ。この時期にはあまり見ない種類です。最近吹いた強い西風で飛んできたのではなかろうか?と思っています。羽も破れていて、そんなイメージがありました。それと、飛び方がいつも見るアサギマダラと違いました。力強い羽ばたきに、ウスコモンマダラを髣髴とさせ、本当にアサギか?とじっくり見てしまいました。
e0067523_23324076.jpg

[PR]

by shimabito2 | 2006-04-24 23:32

シルビアシジミ@○島・福岡県②

4月23日 西区のクロツと遊んだ後、港に移動。今度は時間がたっぷりあるので車で一眠り。ここは、広い広場の駐車場が有り、料金も取られないところが嬉しい。

さてそろそろ出港時間だと船に向かう途中でヒメアカタテハがいたので一枚。『設定』は、ホワイトバランスはオート、鮮やか。赤は鮮やかに出るみたい。
e0067523_7483473.jpg


船に乗り込んでチケット購入、島が近づいてきます。とても短い船旅ですが、初めての島はどんな所だろう?ととってもお楽しみ。
e0067523_7504370.jpg

港はこんな感じ。斜面が迫っているので、人の住んでいる場所は海岸線のみです。
e0067523_7521817.jpg

船を下りてすぐの植樹された木の下に、ミヤコグサがたっぷり生えていました。これは、期待が膨らみます。
e0067523_7535432.jpg

膨らんだだけで、結局見ることは無く、先に進むことにします。小さな島なので適当に歩くのが一番です。道端にタイトゴメが生えていました。
e0067523_20434895.jpg
こりゃクロツが先だなと見て回ると、1♂だけですが、発見することができました。妙に黒っぽい個体です。飼育して、低温期に羽化させると黒くなると聞きますが、りっぱな野外品。こんな色も自然界では”あり”なんだと感心。これです。
e0067523_2046534.jpg
今のレンズではこれが精一杯、よれません。出た手の新鮮個体、シーズンは始まったばかりの様子です。

ミヤコグサを探して、畑の横、空き地、学校のグランド等を見て回りました。あちこちにミヤコグサの群落が有り、イメージだけでは”沢山いそう”と思いましたが、何処にも飛んでいません。少ないと言う意見と、秋には多かったとの意見があります。流浪の民の蝶です。数の波も年によって変化するのかも知れません。環境的にはここがベストです。適度な荒れ具合にミヤコグサがたくさん・・・・・・でも、いなかった。未発生と私は結論しました。
e0067523_2054738.jpg
更に先に進むと、タイトゴメがちらほら。こちらは、荒れた斜面に生えた、本来のクロツ的環境です。向こうのほうまで多分あるのでしょうが、岩、斜面にへばりつく気になれなかったので、環境を撮影して終了。ここにもきっとクロツがいると思います。
e0067523_20581166.jpg
この島は道が一周していないので、港にもどり逆サイドの道を歩きます。こちらも、ミヤコグサ・タイトゴメがちらほら有りましたが、それらをよりどころとしている蝶の姿はありません。終点までいって、岩ごろごろをさらに進んでお弁当にしました。ここにも韓国からの漂着物がありました。韓国のごみ事情はどうなっとるんやろ?海流のせいか?、何とかならんもんやろか?。自分のごみはしっかりお持ち帰り。ゴミ箱も見当たらなかったので、結局家まで持ち帰りました。コンクリート道のタイトゴメです。こんな場所にいることもあります。
e0067523_21231546.jpg
結局、シルビアは見ることは有りませんでした。また、今度です。
[PR]

by shimabito2 | 2006-04-24 07:53

シルビアシジミ@○島・福岡県

4月23日 まだ見ぬ福岡県産シルビアシジミを探して○島に渡りました。伏字にしなくても良い記録がある場所ですが、地名は直接書かない方針ですのでご了承下さい。

天気予報は、ずばり晴れ!。よしよしと一杯飲んで寝たら寝坊しました。あれ~と急ぎますが、ナビが示す港の到着時間は出港後30分。新しい道もできた(私のナビは骨董品)ので、もしかしてとかっとびましたが、結局間に合いませんでした・・・・・バカ。

仕方が無いので、次の便までの3時間で、他の場所のクロツバメシジミを見に行くことにしました。
場所は↓、見る人が見るとあそこねと分かる(多分)福岡市西区の有名産地です。
e0067523_21391293.jpg

到着時は雲が多く飛びませんでしたが、太陽がのぞくと新鮮な個体が出てきてくれました。
e0067523_2140407.jpg
半年振りのクロツです。昨年はヤマクロツばかり見ていたので、ウミクロツは新鮮なイメージです。それと、クロツってこんなに小さかったっけ?とも思いました。向こうの緑はタイトゴメです。
この蝶は、石の上が好のようです。背景を選びたいのですが、似たような画像になってしまいます。
e0067523_21462124.jpg
e0067523_21464390.jpg
吸蜜場面も撮影。大根の花はクロツにとって大きすぎて頭を突っ込んでおりました。
e0067523_21484061.jpg
葉っぱの上の開翅です。ウミクロツはブルーの縁取りが大きいと言う特徴を持っています。
e0067523_2156489.jpg
環境はこんな感じ、海沿いの小道脇にタイトゴメが生えています。
e0067523_21505783.jpg

・・・・・このレンズではクロツサイズの蝶にはちょっと無理があります。レスポンスが良くて気持ち良く撮れますが、ピン甘の量産です。
マクロレンズ、はよこんかいな。
[PR]

by shimabito2 | 2006-04-23 21:52

シルビアシジミ@遠賀川水系・福岡県

4月22日 天気予報は雨です。起きたときはどんよりしているものの雨は落ちていませんでした。ということで車に乗り込んで出発です。目的は福岡県のシルビアシジミです。全国的には随分数を減らしている蝶で、福岡県も同様です。昔は普通に見られたらしいのですが、草丈の短い環境は、管理されずに藪になったり、管理されすぎ(開発)で無くなっている事が衰亡させている原因と聞きます。とはいえ、長崎・佐賀・熊本などは多産地があり、福岡県以外の九州はシルビアにとって最後の楽園との話です。

車を走らせてしばらくすると雨が落ちだし、現地着。遠賀川水系の川原が発生地です。気温も低く、とても蝶が飛ぶ状態では有りませんが、シルビアの食草のミヤコグサを探しながら歩いてみました。もしかしたら、下草に止っているかもとルッキングです。いたのは、ベニシジミとツバメシジミでした。ベニシジミはあっちこっちに止っていました。かなり無造作に止っており、触ると低温で飛べず、下に落ちてしまいます。
e0067523_20102223.jpg

おらんかなーと歩きましたが、結局見ることはなし。数が少ないであろうシルビアを雨の日に探そうなんて無謀でしたが、ミヤコグサの生え具合は確認できました。
e0067523_20123392.jpg
環境はこんな感じ。手前は菜の花が繁茂してシルビアの環境ではなく、向こう岸は草丈が低く、ミヤコグサが生えていました。
ホワイトバランスを曇りを選んだのですが、なんだか気味が強い色になりました。どこをいじれば自然な色になるのだろうか?
e0067523_2016925.jpg


帰りは小石原(東峰村)経由、ウラゴは3齢初期でした。撮ったのですが、今のレンズではよれず小さすぎてボツ。雨の中、見つかっただけでもラッキーでした。この杉の脇のイボタに付いていました。あっちこっちで経験をつむと、これは!?と言う感じが分かるようになります。何事も試行錯誤で学んでいくしかありません。
e0067523_047258.jpg

[PR]

by shimabito2 | 2006-04-22 19:57

わらび

月曜、火曜と良い天気でした。こんな天気が週末に当たれば良いのですが、悲しいサラリーマン。お休みは思うように取れません、やれやれ。

16日の山頂の蕨です。ちょうど、食べごろ?私は山菜を摘んでくることは有りませんが、撮影後におばちゃんが持っていってしまいました。

蝶も植物も同じだと思うのだけど、むしやは、お持ちかえるすると、悪く言われる傾向にあります、やれやれ。
e0067523_2327452.jpg

[PR]

by shimabito2 | 2006-04-18 23:27