むしとり日記2

虫と遊んだ日記です。新たに”2”スタートしました。
by shimabito2
検索
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧


無題

会社からの連絡が無かった事と、天気が少し回復したので、山口県のウラゴに行こうと車を走らせる。高速上で、電話。あーぁ、小月インターで折り返して会社に向かったのでありました。という事で、今日はドライブ&お仕事で終了。ウラゴは探せませんでした。折角、秋芳町のリベンジ、西限更新を企てたのですが、全て水の泡です。

明日も早朝からお仕事なので・・・・、寝ます。
[PR]

by shimabito2 | 2006-02-26 20:29

ウラゴマダラシジミ@旧庄内町(現由布市)、旧久住町(現竹田市)・大分

2月25日 久々のフリーな土曜日です。明日は出社の可能性が高く、天気も崩れるようなので貴重な一日です。
お疲れ気味のため、何でこんな時間に目覚まし時計がなっとるんやろ?朦朧とした頭で起きると、今日は休みでした。眠たいがそんなことを言っていたら遊べません。コーヒーを飲んで、出発。目的地は、男池の話を聞いて決めた旧庄内町からスタートです。

何やかんやで現地着。第一段は、急峻な地形で、車を走らせてよさげな場所を探します。道があったので歩いてみました。そこに、ミニ温泉がありました。
e0067523_19525875.jpg
この温泉はこの地区のサービスとしてやっているらしく、入浴料では無く、志100円と書いてありました。そして、入り方が書いた、説明書きを見つけました。ボイラー焚いて、勝手に入るセルフ温泉です。その他いろいろ、ここには載せてない表示も有りました。長閑な、或いは素朴な文章に、今の世の中には少なくなった温かみを感じました。でも、時代は急速に変わっています。それが、よいのか悪いのか?、きっと管理者の思いは届きません。
e0067523_20069.jpg
この辺りにいい環境を見つけられず、移動しました。標高を上げて約600m、環境を探します。行ったり来たりで車を駐車、沢に沿って林に突入です。少し奥でイボタがポチポチあります。記録のある地名なので、イボタがあればウラゴのいる可能性大。こまめにチェックした結果、見つけることができました。第一目的・庄内町クリヤです。
e0067523_20114714.jpg
こんな環境の林の中に有りました。
e0067523_20122983.jpg
次に移動で旧久住町です。過去に見たことがあるので、直入町は通過しました。どの辺におるんやろうと走っていると川+林道があったので、探ってみたところ、今一歩な環境ながら、ウラゴを発見。よっしゃーと思ったら、既に孵化していました。今年の冬はとても寒く、急に暖かくなったので、出てきた模様。全体的に草木の芽吹きも早いようで、例年より蝶の発生時期は早いかもと、予想しています。
次に記録のある地名に行って徘徊したら、こちらでも発見。こちらも2頭は孵化、ひとつは出てきそうです。この久住町、直入に近い場所では『ふつ~』のようです。
e0067523_20225118.jpg
こんな、開けた場所にありました。完全にオープンでなければ、明るくたっていいみたいです。
e0067523_20284189.jpg
そうこうしていると、予報より早く雨がしとしと落ちてきました。たいした雨量では無いので、旧朝地町(現豊後大野市)に移動、少し歩きましたが、イボタを見つけるられず、濡れて嫌になって撤収決定です。
孵化が始まっているので、探すならば幼虫がもう少し大きくなった頃か、また来年です。
今日の復習です。見たエリア黄色が2箇所、見つからなかった青が1箇所増えました。今シーズンの探索以前に見つけたエリアを緑にしました。
e0067523_203755.gif


おうちのイボタの芽も膨らんでおり、築城町(現築上町)のウラゴを手始めに冷蔵庫から出しました。いよいよ飼育のスタートです。
[PR]

by shimabito2 | 2006-02-25 19:53

ウラゴマダラシジミ@旧院内町(現宇佐市)・大分県

2月19日 ウラゴを探して旧院内町へお出かけ。院内-安心院-宇佐のラインは結構厳しいらしい。

元気良く出発、目的地近くのダムに到着したときはまだ朝もやの中。水面から湯気が上がっていました。
e0067523_19541418.jpg
ぐるっと回って環境を探ってみる。2度目に止まった場所でイボタを発見。どうかな?と見てみると、ウラゴの卵が付いていました。本日は速攻で第一目標クリア。太陽不十分で、こんな画像が限度でした。
e0067523_19591659.jpg
環境はこんな感じ。分かり辛いですが、イボタが写っており、この奥にもイボタが生えています。
e0067523_2004332.jpg
それではと旧安心院町(現宇佐市)へ移動。よさげな感じの場所があると駐車してチェック、イボタは見つかるのですが、卵は付いていません。そんなことを繰り返しながら、記録のある地名に到着しました。どっかに居る筈と探索開始。歩き回った結果、湿地にイボタが生えている場所を発見しました。ここやな!と思ったのですが、卵は付いておりませんでした。さらに、近所を歩きましたが、やっぱり良い環境が有りません。あそこのみです、だめだめでした。
それならば、車で安心院内のよいところを探しますが、走り回って終了でした。途中で東椎屋の滝の標識があったので向かってみることにしました。はるか昔、小学校のときに一度たずねた記憶がある滝です。落差の大きな滝で、見ごたえがありました。こう言う場所は、榎チェックは欠かせません。ゴマダラチョウが、確認できました。風景も入れて!と欲張ったら、ボケてしまっていたので没。
e0067523_20202922.jpg
安心院は降参で、いっきに移動。玖珠町に行ってみました。結果はこちらでも見つけることは出来ませんでした。イボタはちょぼちょぼ有るのになー、何でやろ。
代わりに見つけて嬉しかったものはこれ。ツメレンゲの枯れた花穂です。
e0067523_20303616.jpg
記録の有る地名に近いので、きっと発生地です。イワヒバの生えた転石を良く見ると、越冬芽が確認できました。玖珠町はでっかいのですが、クロツバメシジミの発生地はあまり知られていません。春になったら、確認に来なきゃ!
e0067523_20341152.jpg
今年の復習です。黄色が見ることが出来た場所、青が行ったけれど見れなかった場所。旧市町村での表示です。行政区と分布とは、あまり関係有りませんが、区切りにはなります。勝率は8/12、ここれって頑張っているのだろうか・・・、個人的には良くやっていると、思うのですが。
e0067523_22255999.gif

[PR]

by shimabito2 | 2006-02-19 20:00

ウラゴマダラシジミ@福岡・新産地探し

2月18日 お昼から、先週見つけた場所の南へ、ウラゴを探しに行って来ました。何箇所かでイボタを探した結果、イボタが5、6本まとまって生えた場所を発見。おるならココ、と思いましたが卵は無し。見つかりませんでした。西日本珍奇4天皇のひとつのあげられる福岡県、ほいほい見つかるものではありません。イボタにくっ付いていたのは、ウシカメムシでした。このカメムシも少ない種と聞いています。
e0067523_18572035.jpg
ここにもイボタが写っていますが、本命はこの裏手でした。
日当たりの良い場所の梅も数輪さいていました。鶯も鳴いていました。ナズナも。
もう少しやね。
e0067523_19124487.jpg
e0067523_191313.jpg
e0067523_19134793.jpg


今回、ちょっとイメージが違うイボタがありました。サイズも大きめ、幹がつるっとした感じ。これがミヤマイボタ?
e0067523_191921.jpg
e0067523_19191559.jpg

今回探した場所は、斜面に田んぼが作られ、最後はため池(貯水池?)が幾つか見受けられました。こんな斜面は、シルビアさんの生息環境と聞きます。今回はウラゴ目的なので、両サイドの林をチェックしましたがイボタはなし。犬の散歩のおばちゃんと少しお話をして終了です。
こりゃ、GW辺りにチェックやな、と思ったのでありました。福岡ではかなり厳しい状況だと聞きます。
e0067523_013358.jpg

[PR]

by shimabito2 | 2006-02-18 18:57

無題

公私ともに、世の中の善悪が分からなくなった今日この頃。
明日も、待機です。ストレスたまりっぱなし。
[PR]

by shimabito2 | 2006-02-17 23:58

ウラゴマダラシジミ@国東半島・大分

2月12日
先週卵の抜け殻しか見つけられなかった国東半島に再度お出かけ。さて、今回は?という事でまず旧真玉町(現豊後高田市)からスタート。記録のある地名に到着。さて、何処におるんやろ?と探して、細い舗装道があったので、突入。サイドから出た枝で車がキィーキィー、あれぇー、勘弁してー。
ちょっと広いところに何とか駐車。適度に空間のある林に入るとイボタ発見。枝がぐちゃぐちゃしておりサイズも手ごろ、こりゃいい感じと見てみると、また抜け殻やん。
e0067523_2042794.jpg
結局この木には2抜け卵塊のみ。まだ、時間も早いし、林もけっこう広い、探せばきっとあるに違いないと徘徊開始。うまい具合に道も通っている。
e0067523_2052722.jpg
背後はちょっと高めの木、ある程度の空間、イボタが藪にうまってちょろっと見えている感じがウラゴの好みのひとつだと最近感じている。結果は・・・・、見つけることができました。あれぇーボケとるやん。
e0067523_2057147.jpg
林の中のイボタには、甲虫が掴まって越冬しておりました。あなたは誰、
e0067523_20583274.jpg
ゾウムシとか。イボタは芯が食われていて曲げるとボキッと折れることがあるのですが、犯人は彼かも知れません。
e0067523_20585519.jpg
一箇所に長くいてもしょーが無いので移動。次は旧香々地町(現豊後高田市)。何やかんやで現地着。川のサイドは崖、イワヒバが見える。ツメレンゲは遠くて見えないが、環境的にはクロツが多く住んでいる耶馬溪(大分県)みたい。
e0067523_721559.jpg
しかしながら、この国東半島ではクロツは見つかっていないそうで、発見できるとインパクトの大きなニュースとなる。
この近辺を探したもののイボタが無い、残念。この川は少し下流で分岐しているので、少し戻りそっちを探してみることに。車を止めて、さてどうだろうと見てみると、こちらにはイボタが生えている。そんなに離れていないのに、この差はなんだろう?、今年私がまわったエリアでは、イボタがたくさん生えていることは無く、ある程度イボタがないと、ウラゴはいない感じ。
こりゃ、おるかも!!と探すと発見することが出来ました。でも、卵塊ではなく1個だけ。
e0067523_734914.jpg
こんな木でした。
e0067523_7343725.jpg
みつけることが出来たので、よし、としましょう。また、移動です。いよいよ先週だめだった国見町に行こうと車を走らせていくと、探そうと言う場所がないまま、国東町に入ってしまいました。国東半島の国東町、もうすぐ国東市になってしまうので、町といえるのももう少し。小さな川を2本上がってみましたが、暗すぎで良い感じがしません。ちょろちょろ水系なのに土石流危険とは理解できませんが、大雨のときは小さな流れでもこの水系をたどって土石流が襲ってくることがあるのかもしれません。
e0067523_22391145.jpg
結局、国東町で見つけたイボタは2本、これではウラゴは見つけるのは難しい。この国が付く町名、相性が悪いのかいな?さらに同じ町を探そうかなとも思ったけれど、はずした場合に行ってみたら?と教えてもらっていた旧大田村(現杵築市)に転戦することにしました。ここは、狭い範囲まで指定してもらっていたので、行けば見ることができる場所。私のナビには無い、大きな道を通って現地着。そんなに遠くない過去に山が削られてしまったのだろう。交通量が少ない場所に大きな道を作るのはどうかと思うが、現地に住んでいる人にとって、まっすぐ走れる動脈的な道は便利なものに違いない。さて、ここの産地は人家の裏と道路の間。下からは、いそうな感じはしない普通の雑木林でした。行ってみるといるかな?程度の、明るい乾いた林。でも、探すとウラゴを発見。こんな環境にもいるのね。ピンポイントで教えてもらうのも、新たな生息環境を覚えるのに良いなと思いました。一人でうろちょろしていると、偏った知識になってしまう。
e0067523_747114.jpg
この卵は、笹に埋まったイボタから。片面オープンな畑の横にありました。明るい林の中でも発見。ウラゴの生息環境は意外とバライティに富んでいる。
e0067523_7475755.jpg



ここで、大分県の復習。市町村合併前の大分県と、
e0067523_23302828.gif
現在の大分県です。
e0067523_2331090.gif

[PR]

by shimabito2 | 2006-02-12 20:45

ウラゴマダラシジミ@福岡・新産地

2月11日
 朝書いたように、午後からお出かけしました。3時以降は、お仕事の問題ないことが確認できると無罪放免です。
地図を見て、見当をつけた場所に向かいながら、よさげな場所を探します。
目的地で駐車、歩いて探さないとイボタはなかなか見つかりません。各地彷徨いますが、山は杉が植林されている場合が多く、困ったもんです。これでは、多様な生き物が住むことができません。梅ノ花はだいぶ膨らんで、開花までもう少し。

雰囲気がよさげな場所があったので車で突入、行き止まりで駐車で、イボタを探します。まだ、記録の無いエリア、おるはずと思っても、モチベーションを保つのは難しい。ふと見ると、イボタのような木がありますが、葉っぱがありません。新芽が少しのぞいており、なんだかイボタみたい。よくよく見ると小さな葉があり、やっぱり正解でした。さて、どうかなとチェックすると、ウラゴの卵が付いていました。久々に興奮しました。既産地で見つけるのと感動が違います。これまでうろちょろして学んだウラゴの気持ちが役に立ちました。うれしーーーーー。
e0067523_1844284.jpg
こんな環境です。
e0067523_184561.jpg


探している蝶のひとつに、クロツバメシジミがいます。この種類は、食草が生えている場所そばに住んでいるので、ツメレンゲなどの餌探しが基本となります。キーワードは、川+転石 or 石組み or 崖。車で走っているとこの条件に当てはまる場所があったので、止まってチェック。こんな場所です。
e0067523_591223.jpg
ツメレンゲとともに生えるイワヒバは有りましたが、目的のツメレンゲはありませんでした。道から遠い崖、畑の柵の向こうなど、もしかしたら?の環境がいくつか有りました。このクロツ未記録エリア、もう少し探す価値がありそうです。
e0067523_5103399.jpg

[PR]

by shimabito2 | 2006-02-11 18:07

オリンピック開幕

早く目が覚めたので、開会式を見ていました。これからの競技もお楽しみ。
今日も待機のため、圏外には出られません。午後から少しお出かけ予定です。
[PR]

by shimabito2 | 2006-02-11 06:50

ウラゴマダラシジミ@?

先週は妙に長く感じたのですが、今週は短い。しょーもないことに煩わされて、気持ちはローテンション、困ったもんだ。

天気もローテンション、雪が降っています。山は行きにくい状況になっています。
さてさて、今週末は何処に行きましょう?気候的安全を狙うなら標高が低い国東半島かな?本州未記録エリア・西限更新狙いで下関市?、ウラガー様、イボタがあるってどの辺でしょう?闇雲に行くには広すぎです。コメント欄にヒント書いてもらえるとありがたいです。
公開が宜しくなければ、非公開にチェックを入れると、文字道理、私、管理者にしか見えません。
[PR]

by shimabito2 | 2006-02-08 22:50

ウラゴマダラシジミ@旧山国町(現中津市)・大分県

朝、出発前に予告編を書いたように、山国町に行ってきました。福岡県と接しています。あれもこれもと予定していたので、夜明け直前に出発。とってもきれいな空でした。国道10号線を大分方面に向かっていて、Zと遊んでいると曲がり損ねてUターン。これからは、ちゃんと見ないと!

何やかやで現地着。雪が心配だったが、道のサイドに少し残る程度でした。車を止めて、どこにおるんやろう?と見渡しても、コレと言う環境がありません。記録が有るらしいのですが、どうもピンと来ません。落ち葉の上を歩くと、凍っていて、パリパリ音がします。雪の上を歩くとキュッキュと新雪の音。キーンと空気も冷たい。テクテク歩いて見ますが、ええ感じの場所が見つからず、川にはまった靴を交換するために車に戻りました。

靴と靴下を履き替えて、逆方向に歩いてみます。こちらはなんぼかましでしたが、今一歩のでき、イボタもあまりありません。暗い環境の川の上に出たイボタにも卵なし。いったい何処におるんやろ?
これから先は、センスと引きの強さです。歩いて、見て、ピンポイントであろう発生地に如何に到達できるか、これが醍醐味です。沢山いる種類ではこの醍醐味は感じることができません、所詮自己満足の世界です。ここでのウラゴの出会いはありませんでした。
e0067523_1892466.jpg
近辺に、ナラガシワやクヌギ、コナラがあり、ゼフがおるよと言う話だったので、ウラゴを止めてどんな環境か見に行くことにしました。青空とナラガシワです。
e0067523_18114035.jpg
ちょろっと見てみたら、ミズイロオナガが付いていました。この辺が、ポイントなんだろうと想像して終了です。
ウグイスの初鳴きを聞きました。鳥たちも行動を開始しています。なんとなく、うれしい。
e0067523_18335735.jpg

次の場所に移動です。車を止めて探索開始。ここの地名にもおるはずなんですが、川が大きすぎ、林道広すぎで、ええ感じがしません。しょーが無いので林道から外れて川筋を歩きましたが、見たイボタは3本、これではだめです。おまけで見つけたのはコレ、オオムラサキ。ここに記録があるかは知りませんが、近くにはいると聞いていました。かわいい幼虫です。
e0067523_1828844.jpg
写りが悪いですが、笹に隠れた榎、向こうは川です。
e0067523_1829669.jpg

別の林道に入ったところ、こちらはイボタがちらほら。あんまり離れていないのに、不思議なことです。林道も比較的狭く期待が持てます。歩いてみていくと念願のウラゴ発見。連日だめだったら気がめいると思っていたのですが、2タコは免れました。こんな環境です。この木に付いていたのは3個でした。
e0067523_18402661.jpg
さらに先に歩き、ちょっと奥まった感じのイボタを発見。
e0067523_18404696.jpg
こちらの卵塊は大きかった。こちらの環境がお好みと想像されます。目的達成、撤収決定です。白いので死んでるの?と思いましたが、こんな色もあるそうです。
e0067523_18423871.jpg
自宅へ帰るには、英彦山を越えるのが近道なんですが、雪が予想されます。通行止めは解除されていますので、チェーンをはけば何とかなるだろうと山を登っていきます。あわよくばメスアカミドリシジミを探そうと思っていたのですが、そんな気持ちを無くさせる雪が有りました。とろとろ走って自宅着。明るいうちに戻ってきました。
[PR]

by shimabito2 | 2006-02-05 18:13