むしとり日記2

虫と遊んだ日記です。新たに”2”スタートしました。
by shimabito2
検索
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧


ウラゴマダラシジミ@耶馬溪・大分県

12月29日
今日から冬休みです。実家に帰る前に中津市耶馬溪町にウラゴマダラシジミを探しに行ってきました。
ポイントを知っているわけでは無く、T研出版の蝶類年鑑に載っていた地名頼りに車を走らせます。探す木はイボタ。湿った場所に生える木ですので、川沿いを探してみます。大きな川はだめです。ウラゴは暗めの環境が好きなので、木で覆われた暗めの空間にある小さめな木がよろしいと私は思っています。川幅が狭くなってきたので車を停車。歩くことにしました。雪が所々に残って、凍っています。天気予報では気温が上がるといっていましたが、山はとても寒い。イボタは少ないながら生えており、期待が膨らみます。
卵は数本目に見た木に付いていました。自己的新産地です。比較的短時間に見つかったので、もしかして多産地?と思いましたが、後が続きません。卵が付いていた木は1本だけでした。マイナーな産地、どんな顔が出てくるか、春のお楽しみが増えました。
e0067523_1625419.jpg


榎の葉っぱが落ちていたら、ひっくり返してみることにしています。目的はオオムラサキです。ここ耶馬溪町は分布が知られている場所ですが、どこにでもいる蝶ではありません。さて、どうかなと見ていくと1枚の落ち葉の裏にオオムラサキとゴマダラチョウがくっついていました。大きくて、背中の突起が3対の幼虫がゴマダラチョウ(左)、小さくて、背中の突起が4対の幼虫がオオムラサキ(右)です。親蝶はオオムラサキのほうがずっと大きいのですが、越冬幼虫はゴマダラチョウのほうが大きい。本種も福岡県で新産地ラベルを出したい蝶です。
e0067523_16334286.jpg

[PR]

by shimabito2 | 2005-12-29 16:25

12月25日

免許更新に福岡市まで行ってきました。ナビの調子が悪く、地図を見てルートを確認。ちょっとわかり難いが近くまで行けば標識が出ているだろうと出発。
高速はETCの通勤割引で小倉東→福岡ICは800円、電車で行くよりお得。初期費用が高いのは気に食わないがそのうち元をとることだろう。
試験場は、こっち方面だろうと車を走らせて、何とか到着。学生時代の福岡に住んでいた記憶が役に立ちました。(標識はなかった・・不親切なこと!)
正月休み前の日曜日、ごったがえしておりました。人ごみが嫌いな私は、体力消耗。福岡県は土曜日に更新手続きは行わず、日曜日は、持ち回りの試験場1箇所でしか更新ができません。福岡県中から人が集まるので、混雑するのは当たり前。何とかならんもんでしょうかね。帰りにパトカーに捕まった乗用車1台目撃、とんだクリスマスプレゼントです。
私は3年後の免許更新まで無事故無違反で、ゴールド狙います。
[PR]

by shimabito2 | 2005-12-25 20:21

モンキチョウ@福岡

12月24日
犀川、築城、椎田とウラゴマダラシジミの新産地を出そうとうろちょろしてきました。犀川町が一番の目的地だったのですが、道が凍結しており到達できずにギブ・アップ。
先日ウラゴを見つけた築城町の別水系に入ってみたもののこちらもちょっと標高をあげると雪。↓の辺りで車を止めましたが、さらに上は全面凍結、進まなくてよかった。
e0067523_1956670.jpg
しょうがないので歩いて見ましたが、イボタを見つけることはできませんでした。
榎の葉っぱが落ちていたので何処だろうと見渡して木は数本見つけましたが、根元は雪の下。ちょっとトライしましたが、とても無理。もしかして!?のオオムラサキもギブ・アップ。
桜があるとこれもチェック。やっぱりメスアカには標高が低すぎです。
楓があるとこれもチェック。ミスジは当然ながらおりません。
コナラの下枝が出ていると、オオミドリシジミのチェックです。福岡県での昔の記録も’?’という意見も聞かれる種類です。おいそれと卵が有る筈も御座いません。
オニグルミがあったのでチェック。福岡にオナガシジミの記録はないもんなぁー有りません。
e0067523_19501474.jpg

崖があるとツメレンゲがないかいな?と探すも有りません。
春の使者ナズナが咲いており、気分は春!?と思いましたが、凍っておりました。寒い寒い築城町でした。
e0067523_1953058.jpg
ちょこちょこ見て回りましたが、オールはずれで移動です。
下っている途中に崖があったので、一旦駐車。ツメレンゲを探していると、アカタテハが飛んでいました。今年最後の親蝶やなーと思っていると、モンキチョウを目撃。親で越冬するアカタテハなら太陽に誘われて飛ぶのも”あり”ですが、モンキチョウは違います。鮮度から見て、何度かの雪を耐えてきたと想像できます。すごい生命力・えらい。
e0067523_1857471.jpg
e0067523_185852.jpg
♂♀各1頭づつ目撃。さすがに飛翔は緩やかですが、♂は敏感で近づけませんでした。気温は何度だろうと車で確認すると6℃。この温度で活動できるんですね。昆虫は変温動物のはずだが?
e0067523_1904624.jpg
その後椎田町に移動してウラゴ(イボタ)を探しました。こちらは、ええ感じの大きさのイボタをちょぼちょぼ見つけましたが、ウラゴの卵は見つかりませんでした。植林が進んだ川沿いの林道は環境的には今一歩。ちなみに椎田町にウラゴの記録は無いと思われますので、見つけると新産地となるはずでした。06年1月に記録のある築城町と合併して築上町になるので、市町村レベルで初を出すにはあまり時間が有りません。イボタはこれです。冬でも葉っぱがあるので、見つけやすい樹種です。
e0067523_19131947.jpg
こちらも記録のない(と思われる)クロツの下見のためにツメレンゲを探しましたが、あったのはオノマンネングサのみ。食草ですが、これがあってもクロツのいる可能性は高くありません。越冬芽です。
e0067523_19201160.jpg

[PR]

by shimabito2 | 2005-12-24 17:30

今日も雪で覆われた朝でした。今シーズン2度目の積雪の中の出勤です。
九州にも雪が降ると以前に書きましたが、降りすぎです。これでは低山も積雪のため、身動き取れません。といっても、明日も休日出勤です。あぁーあ。
[PR]

by shimabito2 | 2005-12-22 21:59

ウラゴマダラシジミ@福岡県

12月17日
福岡のウラゴといえば、小石原、英彦山が有名。小石原は今でもいるが、英彦山の往年の産地にはもういないらしい。別の発生地があると噂はあるが、私は知らない。今年の夏にもっと麓の犀川町で親を見かけたので、その近辺を、そのうち探す予定にしています。(見つかれば初記録かも!)
今日出かけたのは、別産地で、初代むしとり日記に、行ったが見つからなかったと書いた築城町です。その時は、ゴマダラチョウの幼虫とシマアメンボの撮影で終了でした。
午前中は雨、山は雪なので、家から30分程度のその平地のウラゴの再探索に昼から行ってきました。

探す木はイボタ。教科書では、川沿いの水がかかるくらいの下のほうと書いてある。九州での私の経験では、川沿いの暗めの環境、ちょっとした空間に面した場所というイメージ。
ということで、去年枝先が切られており、ここにおったのか?と疑問に思っていた木をチェックしましたが、残念ながらはずれ。付いていません。それならばと、歩いて探索です。しばらくして、小さなイボタの枝先に付く卵を発見。去年のリベンジを果たせました。ウレシー。
e0067523_17305553.jpg

そうこうしているうちに、雪が降り出し、気温が下がった感じです。雪が邪魔で見にくくなったので撤収しました。今日もかなり寒かった。軍手をしていましたが、手がしびれました。
e0067523_1733029.jpg

[PR]

by shimabito2 | 2005-12-17 17:33

道路状況

寒い日が続いています。小雪も舞っており、嫌になってしまいます。
幸い平野部では積もることはありませんが、山は白い。先週は何とか行けた英彦山は、多くの雪が降ったのでしょう、とうとう通行止めになってしまいました。ということは、林道は多分雪で覆われていることでしょう。通常なら、来年の3月まで雪は消えず、封印されるのですが、今年の私には、”かんじき”と言う味方があります。
でも行っても木も雪で覆われて卵探しなんて無理の可能性が高い。雪遊びに行くつもりなら・・・。
e0067523_22541049.jpg

[PR]

by shimabito2 | 2005-12-14 22:54

ゼフ卵探し@対馬

今日は対馬にゼフ卵探しです。yohboさんのウェブサイトには対馬北部にとっても良い林道があると書いてあったので、私もその近辺を探してみました。空港から対馬北部まで約80Kmです。開発が進んで道幅が広い道路が多くなっていますが、一部に細い道がある2時間ほどの道のりです。お金セーブのためにレンタカーは軽ですが、小さいとふらふらしてとてもかっとぶ気がおきません。しっかり曲がって、止まれないと恐ろしい。

さて、探索開始。初めに入った場所は海辺に下りて、柏、クヌギがちょろっと生えていましたがあまり良い雰囲気ではありません。それならばと場所を変更、次の林道に入ってみました。こちらは、なかなかよろしい。木もそんなに大きくなく、クヌギ、柏、コナラが生えており、親を見るにも良い感じ。
今回の一番の目的はオオミドリシジミです。九州では山地性の珍しい種ですが、対馬では平地に広く薄く住んでいるはずです。そして、この島のゼフの中で、一番見つけにくい種類だと、個人的には思っています。探す木はコナラ、鉛筆程度以下の小枝の低い場所を見ていきますが、生んでいそうな枝がたくさんあるのにぜんぜんありません。なんでやろ?と思いながら進んで行き、ちょろっと柏のウラジロミドリに浮気してみました。こちらは、明るい林縁のすっと伸びた1年枝をみて見ると、簡単に見つかりました。
e0067523_22333099.jpg
けばけばした枝にも有りますが、頂芽にも産んでいます。
e0067523_22341471.jpg
オオミは暗い場所が好きなので、林の中に入って探索続行です。これはどうやろ?とみた地面から生えた小枝を見ると付いていました。こんな感じです。
e0067523_22362064.jpg
いくつか見つかりましたが、全て30cm以下のとても低い場所です。1m以下程度と思っていたことが、初めに見つからなかった理由でした。見易い場所はオオミにとってはまだ高すぎたみたい。立ったり寝転んだり、屈伸運動の連続で、しんどい卵探しでした。通常は枝の表面や分岐が産卵位置ですが、頂芽に産んであるものもありました。こんな事も有るんですね。
e0067523_2246333.jpg
おまけとしてミズイロオナガシジミも見つけました。平べったくいびつな形をしています。これはこれで、産卵位置が決まっていないので見つけにくい種類です。
e0067523_22502044.jpg

こんな感じの、海のそばの林道です。九州の他の場所ではまず考えられない、対馬ならではのゼフ環境です。
e0067523_7492852.jpg

[PR]

by shimabito2 | 2005-12-11 22:50

雪景色@福岡2

今日の英彦山の続きです。
落葉樹は、葉を落として冬を乗り切ります。
e0067523_22573396.jpg
地衣類はじっ、我慢。越冬用に形態を変えているのでしょうが、すべての生き物にとっての厳しい冬、そんな場面を垣間見れるだけでも、フィールドに出ることは楽しい。
e0067523_2303821.jpg

[PR]

by shimabito2 | 2005-12-10 23:00

雪景色@福岡

先週の日曜日に福岡県に雪が降りました。寒い日が続き、部屋から見える山は白く、雪がなくなりません。多分、英彦山は雪がいっぱいだろうなと思いつつ、行ってまいりました。
去年、雪道はえらく疲れることを学んだので、雪が深くなって歩きづらくなったら引き返そうと初めから思っていました。
道路は、『この先チェーン規制』との表示はありましたが、黒いアスファルトがまだ見える状況で、林道の入り口着です。軍手、防寒体制もばっちりで、歩き始めます。雪は深いところで20cm程度、やわらかいのでさほど歩きにくくはありません。雪の上には生き物の足跡がたくさん。
鹿です。
e0067523_17175443.jpg
狐?
e0067523_17181275.jpg
これは小さいからてん?
e0067523_17183635.jpg
e0067523_1718568.jpg
ウサギはピンボケで没。真っ白な雪はフォーカスがうまく合ってくれません。
それにしても、動物たちの足は冷たくない?、どうなっているのだろうか?

彼らが、がけを駆け上って雪を落とすと、それは転がってこんな形になっておちてきます。
e0067523_1733546.jpg

鳥の巣もありました。
e0067523_1720327.jpg
雪景色です。
e0067523_17205123.jpg
九州に雪?と思われる方もいるでしょうが、福岡県は、平地でも雪が積もりますし、冬は寒い。証拠として、標識です。先週の土曜はTシャツで遊びましたが、今日は雪の中で遊びました。
寒くて疲れましたが、山に行くとほっとします。
山は雪でいっぱいなので、これからさらに寒くなって雪山で遊ぶには、まずチェーンか、冬タイヤの購入の必要があります。
e0067523_17225986.jpg

[PR]

by shimabito2 | 2005-12-10 17:23

初雪@福岡北部

とうとう、嫌な物が落ちてきました。スキーヤーにとっては待ってたものでしょうが、私にとってはできるだけ遅くやってきて欲しかった雪です。高速道路を福岡インターから入って、走っているとなんだか雨にしては変。次第にみぞれになって、雪のため80km規制の電光掲示板。通常ですと、小倉南から降りて平尾台を越えて帰るのですが、今回は小倉東で降りて交通量の多い、10号線を選択しました。
で、どこから帰ってきたかというと、西表に行っておりました。『餅をついて』来たのですが、結果は言わずもがな。

だじゃれ的な画像ですみません。窓に止まるマドボタル。雨やなーといつもの宿、竹盛旅館さんの玄関から外を見たときにとまっていました。
e0067523_2333064.jpg


12月3-4日
金曜に出発できれば天気が比較的よかった土曜日を有効に使えたのですが、土曜の朝一便に乗っても西表着は2時近くになってしまいます。蝶屋さんは、誰もおらず独壇場の予定でしたが、日曜は朝から強烈な風でした。船・飛行機が欠航してはたまらんと予定を切り上げて帰ってきました。結果的には予定通りの行動をしていても帰れたみたいですが、仕事に穴をあけると次が行きにくいのでいたしかたありません。
風にあおられるヒナイサーラの滝です。
e0067523_2124310.jpg
やしの葉も千切れそう。
e0067523_2132544.jpg
日曜は、どう考えても目的の蝶や、迷マダラの類は出てきてくれそうにありませんでしたので、白浜にシロウラナミシジミでも見に行こうと計画しました。天気が悪いので、探す状況ではなく、発生地がはっきりしている蝶ならおるかな?との考えです。手前は良くなかったので、対岸のシュクシャに群落に行こうとしましたが、あいにくの満潮で渡れません。ジャブジャブはしたくないので、うわさに聞く迂回路を探していると、何とか木が折れて橋になっている場所を見つけて対岸へ行きました。帰りに本当の迂回路を見つけましたので、これからは満潮でも問題なく行くことができます。対岸は踏み跡がたくさんあって、ここを訪れた人の多さが伺えます。シュクシャの花は1輪咲いていましたが、ほとんど終わっています。
これからのシロウラは何を食べるでしょう?越冬できずに滅びるか、何かを食べて生きながらえるか?これがシロウラナミシジミです。明るいところには、これ1♂しか見ませんでしたが、林の中では風を避けた個体がちらちらしていました。
e0067523_21165393.jpg


12月3日の大富林道です。
e0067523_22225227.jpg
ススキの穂が出ており、前回、9月と比べて蝶の姿もぐっと少ない。前回見なかった蝶としては、クロテンシロチョウがふらふらと飛んでいました。この蝶は、止まらず飛ぶので画像に収めるのは意外と難しい。フィリピン亜種か?と呼ばれた羽の先の黒がしっかり出ています。これは、冬に出てくる季節型かなと思っています。
穂つながりで、外周道路で見たサトウキビです。これもススキなどと同じ仲間のようで、似たような穂が出ていました。(4日撮影)
e0067523_222371.jpg

大富林道をチェックした後は、外周道路を流します。ハイビスカスにせせりが来ていました。ストローが長いので、大きな花でも吸蜜できるのでしょう。セセリは良く見えませんが、雰囲気はええでしょ!
e0067523_2227537.jpg
吸蜜場面として、始めてみた芙蓉にあつまるキチョウです。団体さんでやってきていました。ほんの狭いエリアのみのすごい集虫力ですが、ほかの場所の芙蓉には来ていません。種類が違うのだろうか?不思議です。
e0067523_2232398.jpg

[PR]

by shimabito2 | 2005-12-04 21:03