「ほっ」と。キャンペーン

むしとり日記2

虫と遊んだ日記です。新たに”2”スタートしました。
by shimabito2
検索
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧


クロツ三昧大分 ③

今週末は、天瀬町、大山町、九重町と玖珠町を回ってみました。先週うろちょろしたエリアの少し南です。
一番嬉しかったのは、タカネマンネングサを食べているクロツを撮れたこと。かなりお疲れの個体でしたが、天然のありのままの姿です。新鮮な個体のほうが美しいに決まっていますが、今日という日に、こんなクロツがいたということで十分満足です。
e0067523_22343527.jpg
別個体。
e0067523_21194734.jpg
タカネマンネングサは本来、クロツがすまないような湿気のある崖に生えるそうなので、天瀬町の、このコンビネーションは珍しいらしい。
同じ天瀬町の別産地では、そこは人家、畑の石組みですが、ツルマンネン、オノマンネン、マルバマンネン、栽培種かもしれない一見イワレンゲ、ミセバヤがありました。どれが一番の好みなんでしょう?そこのおうちのおばあちゃんは、蝶を探しているとお話しするとツルマンネンを持って帰って、家に呼べば良いとおっしゃっていましたが、丁重にお断りしました。
マルバ、
e0067523_231402.jpg
オノ
e0067523_23142180.jpg
ツル
e0067523_23144312.jpg
タカネ
e0067523_21232132.jpg

もう一箇所の天瀬町はツメレンゲ食いです。なんだかピンボケのツメレンゲ。親蝶も撮ったのですが、こちらもピンボケ。設定がくるっとったんやろか?また撮り直しだ。
e0067523_2223392.jpg

こちらはオノマンネングサを食べている大山町のクロツです。こちらは新鮮でした。
e0067523_212905.jpg

これは、しょぼしょぼのオノマンネンに止まった個体です。この辺りのオノマンネンは、なんだか元気がありませんでした。
e0067523_2219149.jpg

天瀬町の次は九重町に移動。九重の山はとっても有名。しかしながらクロツはとても薄いエリアと聞きます。記録のある地名に行くと多分あそこが発生地と思しき崖が遠望できました。出来るだけ車で近づいて後は歩きで何とか!と企みましたが、近づく道がありません。細い道は行き止まり、バックで引き返すこと数度、どうやら近くにはいけないみたい。近くの民家に訪ねると1時間ぐらい歩くといけるが、山が深いので一人では危険とのアドバイス。これは無理そうだ。奥の院というものが山の中にあり、お地蔵さんがあるとの話が聞けたので、崖をくりぬいた場所にあるのでは?と想像し、参道の案内に従い上ってみることにした。参道はすぐに獣道のようになり、???これであってるのと思っていると、あと50mの標識があり、この獣道が参道でありました。奥の院には行き着きましたが、木に覆われクロツの環境でないことが確認できて終了です。あきらめきれず、民家の近くの石組みを探索した結果、ツルマンネン、オノマンネンを見つけることは出来たが、クロツは見当たりませんでした。

次に玖珠町に移動です。九重町で時間を使い、気温も下がってきたので親を見るには厳しいコンディションですが、今後のためにも発生地だけでも確認したいとの考えです。
まず、牧場の近くに入ってみました。あれが発生地であろうと思われる岩を見ることができますが、行く手は草で塞がれ、藪漕ぎが必要です。ぐるっと周り、近くて楽そうな場所から突入しました。発生地です。
e0067523_755081.jpg
向こうに見える岩にツメレンゲが生えていました。卵や食痕を探しましたがクロツの痕跡は見つかりませんでした。吹き上がってこんかな?と景色を見ながらしばし待ちましたが、何もなく終了。飛び飛びの岩すし、どこかにいるのでしょうが、厳しい環境に住むクロツでした。
e0067523_7585682.jpg
かなり疲労して、時間も消費しましたが、さらに移動して別産地をのぞいてみました。大きな転石でしたが、葛が繁茂して、状態としてはよくありません。ちょろちょろと生えていたツメレンゲに蛹の抜け殻を見つけました。近くにとまっとらんかな?と探してみましたが姿は有りませんでした。岩を覆いそうになっている葛を引き摺り下ろして明るい環境にして終了です。来年も出てくれることを希望です。
e0067523_22215141.jpg

[PR]

by shimabito2 | 2005-10-30 21:21

クロツバメ三昧@大分 ②

10月23日
まだまだ続くクロツバメ三昧。今回は深耶馬渓から。昨日と違い、今日は青空ですが、風は冷たく、さすがの九州もシーズンの終盤を感じます。
クロツは一般的には食草から離れないので、幼虫のえさを探します。ところが今回はえさがないのに、クロツが一匹いました。
e0067523_20422180.jpg
一般的にはと、前置きしたように、中にはチャレンジャーがいて、新天地を求めて旅に出る個体もいるようです。とは言っても近くに食草があるに違いないと付近を捜した結果、はじめに見た場所から5分ほどの場所にツメレンゲがありました。
e0067523_2058262.jpg
こちらは、複数の個体が遊んでいました。
e0067523_2058320.jpg

発生地が確認できたので次に移動しましたが、ここでは産地を見つけることができず終了。コーヒー付きのランチで休憩です、次は院内町、こちらは、程なくツメレンゲを確認。初めてツメレンゲで吸密するクロツを撮ることができました。
e0067523_2153942.jpg
サイドから見ると、ここの産地は赤が小さいようです。
e0067523_21225329.jpg
e0067523_21241686.jpg
ここでずいぶん時間を使ったため、良い時間は終了ですが、また移動しました。同じ院内町ですが、谷が異なります。ツメレンゲはありましたが、栄養が悪いのか小さく、あまり生えていません。
e0067523_21143840.jpg
時間が遅いので、近くの草にとまっとらんかいな?と探してみると止まっていました。別産地なのでくたびれていますが大事に撮影です。
e0067523_21171092.jpg
さらにもう一箇所、宇佐市に行ってみました。姿を見ることはありませんでしたが、マルバマンネンに卵を確認できました。条件が良いと見ることができたでしょうが、時間が遅すぎました。
[PR]

by shimabito2 | 2005-10-23 20:48

クロツバメ三昧@大分

10月22日
天気予報では午後から晴れるというので、遅めの出発で先週の続きを続行。呑むさんからコメントをもらったトンネルの横をのぞいてみる。先週は夕方だったのでチラッと見ただけだが今回はじっくり観察。小さなツメレンゲが生えている。種類が違うのか栄養が悪いのか分からないがとにかく小さい。上のほうをちらちら飛んでいる個体がいたが、かなり遠いので撮影は不可能。こんな感じの環境です。
e0067523_193794.jpg

次は山国町。ツメレンゲはどこにある?と探した結果、ええ感じの場所を発見。クロツもそこそこ飛んでおり、ぱちぱち撮影。
e0067523_19393032.jpg
幼虫やら卵も確認できました。
e0067523_19401039.jpg
次は耶馬溪町その1.先週も確認できた場所だが夕方だったので写真がぶれぶれのため、撮り直し。こんな感じでツメレンゲが生えています。
e0067523_1946396.jpg
小雨が降っており飛んでくれませんでしたが、そんな時は近くの草で静止しています。
e0067523_19575648.jpg
こちらは、紋が少し流れています。
e0067523_19483729.jpg
次は耶馬溪町その2.一向に天気が回復してくれません。ここの幼虫は緑だった。
e0067523_19495546.jpg
親は低温で飛ぶことができずじっとしていました。
e0067523_19535288.jpg
次は本耶馬溪町です。ここは元気なツメレンゲがたくさん生えていました。
e0067523_2095995.jpg
親は相変わらず寒くてじっとしています。
e0067523_19554260.jpg

もう一箇所行ったけれど、ここは見ることなくタイムアップ。畑のおばちゃんと話したときに、イワチシャなる植物の話をしていました。何者?
*市町村合併により、山国町・耶馬溪町・本耶馬溪町は全て中津市になっています。
[PR]

by shimabito2 | 2005-10-22 19:42

クロツバメシジミ@福岡~大分

10月16日

クロツバメシジミの食草のひとつにイワレンゲがあります。ツメレンゲより平べったい葉っぱの多肉植物です。これが多分イワレンゲ。栽培種じゃないと思うのだけど?
e0067523_0175786.jpg

他にもないかと近所を歩きましたが、非常に狭い範囲にしかありませんでした。歩いたときに撮ったコスモスです。秋ですね。
e0067523_0192778.jpg

畑仕事をしているおばさんとお話しているときに、ひとつ頂きました。
小ぶりの柿でしたがとっても甘かった。実りの秋です。
e0067523_025181.jpg

[PR]

by shimabito2 | 2005-10-19 00:25

クロツバメシジミ@福岡~大分

10月16日

大分県は中津市山国町~耶馬溪町をうろちょろしたわけですが、この辺りは岩の絶壁があちこちにあります。あそこにあがると、きっとクロツがおるんだろうと、山国町の岩壁の上に、裏から登ってみました。
そこにはイワヒバなどは生えていましたが、恐ろしくて落ち込んでいる側には近づけませんでした。当然ながら、ツメレンゲも確認できず。
行って見なければ、危険な場所にいっても身動きが取れなくてダメだということがわからない私でした。岩登りをする方は、このような場所を登るなんて信じられません。
天辺から、恐る恐る撮った画像です。かなりびびりながら撮ったのですが、高さを表現するのは難しいですね。
e0067523_20553621.jpg

[PR]

by shimabito2 | 2005-10-18 20:56

クロツバメシジミ@福岡~大分

10月16日
あちこち歩いて、食草を探してみました。ツメレンゲは民家の石組み、転石なんかに付いている多肉植物です。今時期が花の時期で、まっすぐな花穂を立てていますが、食害にあったものは、分岐したり曲がったりしています。こんな感じです。
e0067523_19414498.jpg
これは、食害にあったのか、たまたまなのかは不明ですが、カリフラワーみたいになっていました。
e0067523_194494.jpg

築城町の転石です。福田さんのとは、ちょっと違うみたい。
e0067523_1945499.jpg

[PR]

by shimabito2 | 2005-10-17 19:44

クロツバメシジミ@福岡~大分

10月16日
昨日のウミクロツに続いて、本日はヤマクロツに行ってきました。ウミクロツはタイトゴメを食べるのが一般的ですが、ヤマクロツはツメレンゲを食べています。
今回は、築城町(福岡)、日田市、山国町、耶馬溪町(大分)を回ってきました。クロツを見ることができたのは、築城町と耶馬溪町だけですが、天気もよく気持ちのよい一日でした。歩き回ったので、足が痛くなってしまいました。今回は、きれいな築城町産の画像です。
e0067523_202537.jpg
e0067523_203595.jpg

[PR]

by shimabito2 | 2005-10-16 20:01

クロツバメシジミ@山口県

10月15日
今が旬のクロツバメシジミをターゲットに山口県の島に行ってきました。危なく船に乗り遅れるところでしたが、無事現地着。船に消防署の人たちが大勢いたので、何事か聞くと防災訓練とのこと。ヘリコプターまで、動員した本格的なものでした。
e0067523_19493918.jpg

初めは曇っていた天気も徐々に回復しお日様も出てきたのですが、出てきてくれたクロツはぼろぼろの1個体のみ。季節をはずしたとは、思えませんが、ぜんぜんだめでした。
私の好みの海を背景に、バチリです。
e0067523_19547100.jpg
e0067523_19542111.jpg

本土も探したのですが、タイトゴメを見つけたのみでした。食痕さえありません。おらんことなったのか?探し方がいかんやったか?
e0067523_19592635.jpg


島のクロツの幼虫画像の追加です。
幼虫はひとつだけ見つけました。終齢初期か一個前最後程度の大きさでした。
e0067523_19112230.jpg

[PR]

by shimabito2 | 2005-10-15 19:58

3連休@西表 10月8-10日

蝶の幼虫は探す目で見ないとなかなか見つかりませんが、ふと見た蔓にジャコウアゲハの幼虫を発見しました。
e0067523_0275758.jpg

近所で見るウマノスズクサとはちょっと違った、木の様な蔓のスズクサです。これも蝶に襲えてもらったのでありました。
e0067523_0293729.jpg

[PR]

by shimabito2 | 2005-10-14 00:30

3連休@西表 10月8-10日

緋色を待って、木の花の下でずいぶん待った時に、イワカワシジミが時々やってきてくれました。サイズ、イメージとも緋色と共通するものがあり、そのたびにドキッとしました。青空をバックに。この時はよい天気ですが、時々雨も落ちてくる3日間でした。天気予報では曇り/雨と言っていましたが、南の天気予報はあまり当たりません。
e0067523_792653.jpg

この個体の鮮度はあまりよくありませんでしたが、サービスがよくかなり長時間とどまって撮らせてくれました。30分以上花の上にいました。
e0067523_7123338.jpg
e0067523_7124597.jpg

[PR]

by shimabito2 | 2005-10-13 07:12