「ほっ」と。キャンペーン

むしとり日記2

虫と遊んだ日記です。新たに”2”スタートしました。
by shimabito2
検索
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

シルビアシジミ@○島・福岡県②

4月23日 西区のクロツと遊んだ後、港に移動。今度は時間がたっぷりあるので車で一眠り。ここは、広い広場の駐車場が有り、料金も取られないところが嬉しい。

さてそろそろ出港時間だと船に向かう途中でヒメアカタテハがいたので一枚。『設定』は、ホワイトバランスはオート、鮮やか。赤は鮮やかに出るみたい。
e0067523_7483473.jpg


船に乗り込んでチケット購入、島が近づいてきます。とても短い船旅ですが、初めての島はどんな所だろう?ととってもお楽しみ。
e0067523_7504370.jpg

港はこんな感じ。斜面が迫っているので、人の住んでいる場所は海岸線のみです。
e0067523_7521817.jpg

船を下りてすぐの植樹された木の下に、ミヤコグサがたっぷり生えていました。これは、期待が膨らみます。
e0067523_7535432.jpg

膨らんだだけで、結局見ることは無く、先に進むことにします。小さな島なので適当に歩くのが一番です。道端にタイトゴメが生えていました。
e0067523_20434895.jpg
こりゃクロツが先だなと見て回ると、1♂だけですが、発見することができました。妙に黒っぽい個体です。飼育して、低温期に羽化させると黒くなると聞きますが、りっぱな野外品。こんな色も自然界では”あり”なんだと感心。これです。
e0067523_2046534.jpg
今のレンズではこれが精一杯、よれません。出た手の新鮮個体、シーズンは始まったばかりの様子です。

ミヤコグサを探して、畑の横、空き地、学校のグランド等を見て回りました。あちこちにミヤコグサの群落が有り、イメージだけでは”沢山いそう”と思いましたが、何処にも飛んでいません。少ないと言う意見と、秋には多かったとの意見があります。流浪の民の蝶です。数の波も年によって変化するのかも知れません。環境的にはここがベストです。適度な荒れ具合にミヤコグサがたくさん・・・・・・でも、いなかった。未発生と私は結論しました。
e0067523_2054738.jpg
更に先に進むと、タイトゴメがちらほら。こちらは、荒れた斜面に生えた、本来のクロツ的環境です。向こうのほうまで多分あるのでしょうが、岩、斜面にへばりつく気になれなかったので、環境を撮影して終了。ここにもきっとクロツがいると思います。
e0067523_20581166.jpg
この島は道が一周していないので、港にもどり逆サイドの道を歩きます。こちらも、ミヤコグサ・タイトゴメがちらほら有りましたが、それらをよりどころとしている蝶の姿はありません。終点までいって、岩ごろごろをさらに進んでお弁当にしました。ここにも韓国からの漂着物がありました。韓国のごみ事情はどうなっとるんやろ?海流のせいか?、何とかならんもんやろか?。自分のごみはしっかりお持ち帰り。ゴミ箱も見当たらなかったので、結局家まで持ち帰りました。コンクリート道のタイトゴメです。こんな場所にいることもあります。
e0067523_21231546.jpg
結局、シルビアは見ることは有りませんでした。また、今度です。
[PR]

by shimabito2 | 2006-04-24 07:53
<< シルビアシジミ@○島・福岡県③ シルビアシジミ@○島・福岡県 >>