むしとり日記2

虫と遊んだ日記です。新たに”2”スタートしました。
by shimabito2
検索
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ウラゴマダラシジミ@山口県

1月15日。ウラゴマダラシジミを探して山口県に行ってきました。
ウラゴは九州-本州に住んでいますが、その分布は連続ではありません。本州の西限は山口県・秋芳町、この山口県は、日本3大珍県のひとつという話です(伝聞のため真偽のほどは不明)。また端っこ狙いです。ちなみにこのウラゴマダラシジミも変異の大きい種で、特にメスにその特徴が現れると聞きます。

目的地に到着して、さて何処にいるのだろうと車を走らせて、川が細くなって木が覆っている辺りに駐車。歩いて探索開始です。GPCを片手に林の中に突入。イボタを探します。雰囲気は良く、卵があったも同然と思ったのですが、イボタはあまりはえていませんでした。これは!というのは1本だけ。しかしながら、卵は付いていませんでした。小さなイボタはちょぼちょぼ生えていたので、これらが大きくなるころには、良くなるかもしれません。これが、小さなイボタです。
e0067523_19402064.jpg
榎があったのでチェックすると、ゴマダラチョウはいましたが、オオムラサキはいませんでした。(ここに分布しているかは知りません)
e0067523_19422937.jpg

こんな場所のこんな木におりました。
e0067523_19442095.jpg
GPSの履歴を見ると右往左往しているさまがよく分かります。探せる場所は探したのですが、見つけることができず、移動です。川がだめなら、池ということで探索開始。こちらはイボタは多かったのですが結局見つけることはできませんでした、さすが珍産地、甘く見ていました、降参です。お昼まで頑張ったのですが、ヌルって帰るのは嫌なので、ぐーと東進しました。山口県に行くのならこちらも行ってみたらと、山口市(旧徳地町)の地名を教えてもらった場所です。車を走らせて、林道+小川という環境があったので駐車、歩いたところ、ぼつぼつイボタが生えており、秋芳町と数が違います。卵があったも同然と思ったのですが、小川は森の中の斜面に消えて探索終了、移動です。車を走らせていると頂上に到達。熊出没という看板がありました、今は冬眠中?。イメージに合わないので引き返し、次の林道に入って見ました。なんだか、さっきと代わりばえしませんが、こっちでは見つける事ができました。探し方は間違っていなかったのですが、いまいちウラゴの気持ちは分かりません。他の場所にもあってもええのになー。
e0067523_202175.jpg

いることが分かったので、次に移動です。スギタニ型のオオムラサキがいるという地名に向かいました。途中の道に雪が出てきて、林の中はかなり雪が残っています。目的地は標高が高いためさらに雪が増えることが予想されるので、途中で探してみようと駐車しました。道を歩いていると双眼鏡で何かを見ている人がいました。多分鳥見の方でしょう。こちらには気が付いていない様子で、邪魔をしないように引き換えしました。雪が無くなったころにもう一度行くかも。

追記:ウラガー様に、ウラゴの本州西限は美祢市であることを教えていただきました(未発表)。そそられますね。下関市もイボタがたくさんエリアがあるとか。こtいらもそそられます。
思いは永久に!
[PR]

by shimabito2 | 2006-01-15 19:43
<< 道路状況 行ってきました。 >>