むしとり日記2

虫と遊んだ日記です。新たに”2”スタートしました。
by shimabito2
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アイノミドリシジミ@大船林道(九重・大分)

11月27日
アイノを探して大船林道に行ってきました。大分県の天気予報は曇りのち晴れだったのですが、現地に到着しても小雨が落ちていました。
林道はゲートが有り、一般車は通行禁止です。アイノがいるミズナラ帯までは、徒歩約1時間の道のり、どうするべ、と思っているとトラックがやってきて中に入ろうとしていました。これは、チャンス、運転手に奥まで乗せていってとお願いすると、快く承知してくれました。体力・時間の大幅な節約になりました。
ちなみここは数合わせではないちゃんとした鍵なんですが、複数の関係者が往来するため、秘密の場所に鍵を隠している様子でした。見ていたのですが、見なかったことにしておきます。

さて、ダート道をトラックに揺られミズナラ帯に到着です。法華院温泉での工事車両とのことで、さらに先にトラックは進んでいきました。日曜なのに、お仕事ご苦労様です。

昨日の英彦山は寒さを感じなかったのですが、今日の九重はかなり冷えていました。手袋を持ってこなかったことと、もっと厚手の防寒着を持ってこなかったことを後悔しました。
雨上がりの森は、濡れていて入る気がしません。木も濡れていて滑って登ると危険。ということで、高いところに産卵するアイノにはお手上げ状態のまま、てくてくとチェックできる場所を確認しながら引き返しました。天気は回復して風は強いながら、お日様も出てきました。赤とんぼが飛んでいます。成虫で越冬するとは思えないので、この蜻蛉はかなり寒さに強いみたい。フユシャクも見ました。

さて、肝心なアイノですが、ゼロは免れました。寒いし、ないし、だるいしとさっさと撤収してきました。巨木が多いため、あそこには有るんだろうなと見上げるしかなく、卵を探すには適した場所ではありませんでした。

カメラ、充電池、充電器、何が不調か良くわかりませんが、バッテリー一杯に充電したはずが、現地で撮影しようとすると、電池切れ。なんてこったい。寒々とした風景や卵を撮れませんでした。仕方が無く家で撮ったのですが今一歩のでき。アイノミドリシジミ。
e0067523_1959111.jpg
エゾミドリシジミ。
e0067523_19592450.jpg

[PR]

by shimabito2 | 2005-11-27 17:53
<< 小笠原への道のり メスアカミドリシジミ@英彦山 >>