むしとり日記2

虫と遊んだ日記です。新たに”2”スタートしました。
by shimabito2
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

キリシマミドリソゾミ@対馬

05年11月13日

対馬のキリシマミドリシジミの良さは何度書いたか分からないので、今回は省略。とにかくええもんは、ええと言う事で入って来ました。予報では夕方から曇りでしたが、卵探し目的ではいっこうにかまいません。
出発したら30分の空の旅であっというまに現地着(寝ていた)。いつものゲートで車を止めて今日は8の段をやろうとしたら、妙な感じがしたので少しまわすとあっさり開いた。どうしようかな?と思ったが、途中の道を探すために、歩くことにしました。
今年はここ数年に比べると良いとの噂を聞いていたので、楽しみにしていたのですが、現実は厳しいものでした。芽はたくさんあるのですが、全然付いていません。こりゃ上しかないと猿になって、少数のお持ち帰り。昔は沢山あったなんて?!、信じがたい。へとへとになったので、転戦はあきらめました。
これがキリシマミドリシジミの卵です。探す木はアカガシ。しょぼしょぼの日陰の木が良いと言われますが、私の対馬でのイメージは異なります。林縁のまるまる太った芽はだめですが、周りに木がある空間の下に張り出した枝、または空間があり、かつ幹から出ている短い枝なんかがお勧めです。
e0067523_20264211.jpg


帰りは最近お熱のクロツバメシジミを見てみようと網掛崎に向かいました。ここは、yohboさんのホームページに特集されているクロツコーナーを見ると、アオノイワレンゲ食いなので、とっても興味がありました。北九州市のクロツと同じものを食べていることになります。ところが、現地に行き着きませんでした。どうやって行くんだろう?このむこうが網掛崎のはずです。
e0067523_2037493.jpg
この画像を撮った右後ろにも崖があり、そっちに行ってみると、上のほうにイワレンゲが花穂を立てていました。遠くなので撮影は不可能、クロツの姿もありませんでした。層状の岩が積み重なったような石崖でした。迂回したら行けそうですが、今回は飛行機の都合で諦めました。一便遅くする手もあったのですが、連日遊んでいるので、明日からの1週間のために早めに撤収しました。この1週間もハードな日々が予想されています。
[PR]

by shimabito2 | 2005-11-13 20:37
<< 何ということ! 採卵シーズン@広島 >>